どういう人が相談にのってくれるのですか?

地域をよく知り、相続の知識を持った住宅・不動産会社のプロが対応します。「不動産相続の相談窓口」では、全国の窓口のアドバイザーに対して定期的な研修や情報の提供を行っています。

不動産相続の相談窓口は、資産全体の内容や家族の関係をお聞かせいただいたうえで分析をしてどう分けるか、どう引き継ぐかという相続における「根本」の悩みの解決を図っていきます。
どう分けるかを考えるときには不動産の評価に加えて、実際の「価値」(どれくらいで売れるか・活用できるものかといった視点)などの判断が必要なことに加え、不動産の活かし方についての具体的な解決策を持っているかどうか、経験があるかどうかで差がでると、私たちは考えます。
「不動産相続の相談窓口」は不動産会社・建設会社で組織しているネットワークのため、この分野にとても強く、安心してご相談いただけます。